お金を借りるその前に
Before borrowing money Before that
現金化

クレカの現金化にまつわる話【手元のカードですぐ現金?とは】

キャッシングに使えるカードを持ってない、またはキャッシングできるカードを持っているけど限度額いっぱいで借りられない。

新規にカードローンに申し込むのはなんだかメンドクサイし良く分からないから怖い。割とありそうなシチュエーションです。

そんな状況に置かれた時に、クレジットカードの買い物枠なら使ってないのになぁ、このぶんだけお金貸してくれないかなぁ…。なんて思った事はないでしょうか。

クレカのショッピング枠を現金化する

クレジットカードの買い物枠、通称ショッピング枠はクレジット会社と提携しているお店などで支払いをするためにしか基本は利用できません。

しかし、使い方によっては間接的に現金に換える事が可能というのが実際の仕組みです。俗にショッピング枠の現金化と呼ばれている行為がコレにあたります。

ここではショッピング枠の現金化がどんなものなのかお話してみたいと思います。

現金化の基本は転売

クレジットカードのショッピング枠を現金化すると言ってもATMの操作などで何か特別な手続きができるわけではありません。

クレジットカードのショッピング枠はあくまでも支払いの為にしか利用できませんので、このままではどうあっても現金を手にする事は出来ません。

※ただしクレジット提携会社によってはキャッシング枠を設ける場合もあります。

現金化の基本は何か商品を購入し、それを転売することでなりたちます。その為、購入した商品によっては使った金額よりも少ない金額しか手に出来ない事になる事が大前提となります。

現金化に利用される商品

ではどのような物を購入し、転売するのかというと代表的なものは人気の電化製品やゲーム機、ブランド品といった需要の高い物が使われます。

また、定番とも言えるのが新幹線の回数券で、需要の高い回数券については換金率も高く、現金化の常套手段とも言える商材です。

クレジットカードで回数券を購入

その昔は金券が最も換金率の高い現金化に理想的な商材でしたが、現在ではクレジットカード会社が現金化を防止するために大半の金券はクレジットカードで購入できないようになっています。

転売のいろいろ

転売といっても何処に売るかで換金率は大きく変化します。

最も損をするのが質屋やリサイクルチェーン店などで、こういった所は買い取りを行っているため、商品を持ち込んでちょっとした手続きですぐに現金が手に入る代わりに換金率が低く、購入価格の半額以下の現金しか手に出来ない可能性が高いところです。

ただし、ブランド買い取り専門の店舗に関してはその限りではなく、人気のブランド、形のものであれば購入価格の70%〜80%の換金率になるものもあるようです。

20万円のブランド品をクレジットカードで購入して80%の換金率の場合

⇒ 18万円の現金を手にすることができるということになります。

買い取り店の次に換金率の良いのはネットオークションを使って個人間で取引をする事です。この場合は間にマージンを取られないため、市場価格で現金化することができます。

狙って行う事は非常に難しいですが、人気のために品薄になっているゲーム機などはプレミアがついて購入価格より高く取引されることもあります。

 

すなわちクレジットカードで購入した商品を

  • オークション
  • 友人へ多少安く売る
  • 買い取りショップにて売る
  • 金券ショップで売る

というものがクレジットカードを使った現金化という手段ということです。

 

高いものでは換金率90%を超えるものもあるようで、この方法で現金化しているという例は少なくありません。

現金化業者を使うという方法

何かと手間のかかる現金化ですが、これを簡単に手続きしてくれる業者が存在します。詳細は控えますがネットで手続きするだけで使ったショッピング枠の80%程度を現金で振り込むというスタイルが多いようです。

ただ、現金化業者については「実態は違法な貸金業者と同等の行為」として摘発された例もあり、安易に利用するのはいかがなものかと思われます。

現金化を手伝ってくれる業者

現金化した客側が罪に問われる事はありませんが、芋づる式にクレジットカード会社に現金化した事実がバレる可能性も否めません。

転売目的と判断されるとペナルティを受ける

クレジットカードを利用した転売行為、または現金化行為はクレジットカードの利用規約に違反する行為となります。そのため、その事実がクレジットカード会社にバレた際には利用停止はもちろん、最悪は全額一括返済を求められる例もあるようです。

先ほどの例の回数券の転売はクレジットカード会社もその実態を把握しているようで、これを繰り返すとクレジットカード会社から注目され、転売目的の容疑が濃厚と判断された場合にはカードの利用を停止されていまいます。

実例としてはクレジットカードで一度新幹線の回数券を購入しただけで利用停止されたという話もあり、きちんと自分で使う目的で回数券を購入したことを証明しないと利用再開出来ないという措置を執られたこともあるようです。

また、あまり認知されていないことですが、ショッピング枠で購入した商品の所有件はその代金の支払いが済むまでクレジットカード会社にあります。

そのため、その商品を売却することは横領に相当することになります。

一見仕組みをかしこく利用しているように見えるショッピング枠の現金化は、本来利用規約違反であるというリスクがあることを認識しておく必要があります。

現金化より良い解決方法を

基本的に規約違反を犯しながらなにかしらの商品を転売するショッピング枠の現金化は、利用した金額の満額を現金として手にする事はできず、なおかつその後は金利を付けて返済し無ければならないため、非常に高い金利でお金を借りるのと同等の行為と言えます。

また、手間も時間もかかる上にむやみに債務を膨らませるため最善の手法とは考えにくいと思われます。

ここまでの手間と時間を掛けるのであれば、貸金業者や金融機関にカードローンの申し込みをした方がずっと簡単ですし、健全です。

https://xn--t8jc7gofdg0cx833l.com/

もちろんお金を借りたら金利が発生しますが、利用額がそのまま現金で手に入りますので損をする事はありません。

また、ご存知無い方の一部は誤解されているようですが、消費者金融でお金を借りる金利とクレジットカードのショッピング枠の金利はほぼ同等で、カードローンよりクレジットカードの方が金利が安いと勘違いされている方もいるようです。

最近のカードローンの大半は即日融資が可能なものが多いため、急ぎで現金が必要な場合はショッピング枠の現金化よりも結果的にずっと効率が良い事が大半です。