お金を借りるその前に
Before borrowing money Before that
銀行借り入れ

銀行でお金を借りる場合の注意点や条件

ちょっとお金が必要になり、来月の給料が出たら返済できるのになぁ、と考えている方は非常に選択肢も多く、大手業者であればどこを利用しても良いと言えますが(厳密にはオススメはありますがここでは割愛します)ある程度まとまった金額が必要な場合はやはり金利の安い所を利用したいものです。

高額融資・長期返済を予定している方は銀行融資がオススメ

最近では貸金業者においても高額の借入については低金利になる所もありますが、やはり間違いないのは銀行融資です。

  • 消費者金融 借り入れ利息 最大~18%
  • 銀行カードローン 借り入れ利息 最大~15%

大きな差は感じないかもしれませんが長期になればなるほど金利の差は大きくなるため、重要なポイントと言えます。

しかし、銀行からお金を借りるのはハードルが高いと考えている方も多いかもしれません。そこで今回は銀行でお金を借りる場合に知っておきたい事についてお話したいと思います。
[adsense]

原則的に保証人不要・担保不要

保証人や担保は不要で借りる

銀行融資と聞いて「保証人や担保が必要なのでは?」と身構える方は多いのではないでしょうか。

特に高額な借入として代表的なのは住宅ローンやカードローンといったもので、これはローンを組むと同時にその商品である家や車が担保になっている事が多く、そのために審査通過率も高いものとなっています。

このようなローンを目的別ローンと呼び、特定の目的にしかりよう出来ないかわりに比較的審査に通り安い仕組みを提供しています。

一方で資金使途自由、つまり借りたお金を何に使っても良いとされているのがフリーローンと呼ばれるものです。

生活費や遊行費、商品の購入など文字通り資金の使い道を問わない便利な貸付プランです。ただし事業性資金としての利用は禁止されている事がほとんどで、事業性資金の用途ではビジネスローンというプランが用意されているところが多くあります。

普段取引のある銀行がベスト

普段取引がある銀行

銀行融資を受ける際の銀行選びですが、まずはご自身が給与の振り込みなどで利用している銀行をあたってみて、それらしいプランがあったら窓口で相談してみるといいでしょう。

銀行用意しているフリーローンでは、初回の融資をその銀行の普通預金口座に入金する形で行う所もあります。

そのため、既に普通預金口座を持っている場合は口座の開設の手間が省ける分、融資がスムーズに行える事になります。

また、銀行によっては普通預金口座のキャッシュカードがローンカードを兼ねている場合があり、この場合新たに口座を開設した場合はキャッシュカード(ローンカード)が手元に届くまでに1週間〜10日、場合によっては2週間程度かかったというケースも耳にします。

申し込みから審査完了までがスムーズに進んでもここで時間がかかるのは不都合が出る方もいらっしゃるかもしれません。

そのような理由から既に口座を持っている銀行から当たってみるのがベストですが、このような背景がありますので、まだ利用したことの無い銀行のフリーローンを利用しようと考えている方は口座開設だけでも先に済ませておく方が良いかもしれません。

急ぎの方はすぐに現金を手に入れられない為、注意が必要

すぐに現金が必要

先ほど述べた普通預金口座の件もそうですが、急ぎの方の場合に普通預金口座を持っていない、なおかつキャッシュカードの発行に時間がかかるという事では、お金が必要なタイミングに間に合わないという事もあり得ます。

では、既に取引のある銀行で申し込む場合は時間が殆どかからないのかというとそうとも限りません。最近では銀行でも即日融資を実施しているところは多くありますので、当日や遅くとも翌日には融資を受けられるというケースもあります。

しかし、消費者金融などと比較すると審査のハードルがやや高いイメージがあり、その分時間を要することがあります。

参考:銀行カードローンと消費者金融の違い

恐らく申し込み金額に対して年収や勤続年数など様々な条件がシビアな状況で時間を要する物と思われ、若干条件が厳しい場合などには「第三者の保証人」を付けられないかと話をもちかけられる事もあるようです。

また、十分な収入があっても過去にクレジットカードの支払い遅延や、既に完済した借金の履歴などに良くない記録(遅延や滞納)などがあった場合には審査の際に参照しますので、合否の決定に時間がかかっていると言う状況も想定されます。

また、審査内容に問題がなかった場合については最終段階で勤務先の在籍確認が行われる事が一般的です。この時会社が休業していたり、会社に電話が繋がらない(電話に出る方が居ない)場合は在籍確認が完了しないため、確認が済んでからの融資ということになり、翌営業日まで待たされる事になります。

他社借入がある場合は借り換えるのも完済への近道に

既に消費者金融や信販のキャッシングを利用している方は銀行のフリーローンで借り換える事で金利を圧縮することが可能な場合があります。

この場合借り換え専用のおまとめローンを利用するのもアリですし、追加で融資を受けたい場合は現在の借入額+希望額で申し込みして、融資可能になったら既存の借入を一括返済して借り換えるというのも一つの手段です。

ただし、追加融資が欲しいケースにおいては他社借入額が少額である場合において可能な手法で、すでに100万円を超えるような借入がある場合はこの手法は難しく、おまとめローンのみ利用できるといった条件が出されるかもしれません。

はじめての借入は時間があるならまず銀行から

まずは銀行から

初めてお金を借りる方はとにかく銀行はハードルが高いものだと考えがちです。しかし現在、他社借入がなく安定した収入のある方(月給という形で収入があればパートやアルバイトでもOK)であればまずは低金利な銀行カードローンからの利用をお勧めします。

前述のとおり、審査が厳正なため場合によっては時間がかかる事もありますので、急ぎの場合は融資スピードの面で消費者金融から利用する方が良いですが、半月程度※の猶予があるようであれば是非銀行融資の獲得にチャレンジしてみて欲しい思います。

※必ず半月程度の時間がかるという意味ではなく、一般的な目安です。即日融資も可能な銀行は多くあります。また、急ぎの場合は申し込みの際にその旨を伝えておくと良いでしょう。