お金を借りるその前に
Before borrowing money Before that
借金返済

カードローン(借金)の返済について

カードローンの返済はどうやってするのか

カードローンはその名の通り、銀行のキャッシュカードなどに良く似たカードをATMで使い、誰とも対面することなくお金を借りることができる便利なお金の借り方です。

各自に与えられた限度額の範囲であれば何度でも借入が可能と非常に気軽に借りる事ができますが、返済についてはどのように行うのか、実際に利用したことが無い方は少々疑問もあるかもしれません。

ここでは一般的なカードローンの返済についてお話したいと思います。

キャッシング&カードローンの返済方法いろいろ

現在のカードローンではさまざまな貸付・返済方法に対応しています。代表的なものは以下のような物になっており、契約の際に選択できる事がほとんどですので、利用しやすい方法を選択するといいでしょう。

銀行振り込み(または引き落とし)

店舗ATMや提携ATMなどが近隣にない場合に便利なのが振込による融資・返済を行う方法です。対応している業者では手持ちの銀行口座に振り込みによる融資が可能で、返済も指定の口座へ振り込む形え行えます。

銀行の支店やATMなら近くにあるという方や、ネット銀行を利用されている方などには便利な方法と言えます。

また、銀行カードローンなどでは指定の口座の指定日に自動引き落としによる返済が可能な所もあり、給料日の直後に引き落とし日を設定しておけば返済し忘れなども防止できる側面もあります。

ATMによる借入・返済

もっとも多く利用されているのがこの方法で、店舗ATMや提携ATMを利用して借入・返済を行うというものです。

大手の業者ではコンビニATMに対応しているところも非常に多く、最寄りのコンビニで借入や返済が行えるため、一見借金をしている(または返済している)ようには見えない点もメリットのひとつと言えます。

借入・返済時にはかならず明細(レシート)が発行され、利用可能額や次回返済日・返済額などがわかるように記載されています。

毎月最低返済額を返済すればOK

大半のカードローンでは利用額に応じて返済額が変動するという方式が採用されています。つまり、50万円が限度額のカードローンを契約したとして、50万円満額借りた人と5万円だけ借りた人では1ヶ月にひつような返済額が異なるということです。

最低返済額については各社の基準により異なりますが、ざっくりとした金額としては5万円程度では毎月数千円程度、50万円借入時には1万円〜1万5千円程度の最低返済額が求められると思われます。

毎月決められた期日までに最低返済額以上の金額を返済することでその月の返済が完了することになります。

返済可能な期間がある

返済日を待たずして早々に返済を済ませてしまいたいと考える堅実な方の中にちょっと勘違いをして面倒なことになるのが返済可能な期間を知らないというケースです。

例えば返済日を毎月20日に設定されている契約だった場合、早く今月の返済を済ませたいからといって1日に返済を行ったとします。この場合、最後の利用日からその日までの金利+元本が返済として処理されます。

それは構わないのですが、この時返済期限が翌月の20日に延びるかというとそうはなりません。まだ当月の20日のままです。

多くのカードローンでは返済期限の2週間程度前からの返済を受け付けており、この期間中に返済が行われると次回返済期限が翌月へ更新されます。

つまり先ほどの例では、最速で返済したい場合は6日以降に返済する必要があり、1日に返済を行った場合は6日以降にもう一度最低返済額以上の返済を行わなければ当月の返済が未払いとなってしまいます。

早めに返済しようと心がけたのに未払い扱いになっては困りますので、期限から何日前から受け付けているかはしっかり確認しておきましょう。

早期の完済を目指しましょう

利用明細などで確認できる最低返済額を毎月返済していればもちろん滞納にはなりませんし、返済は進んでいきます。しかし、最低返済額のみの返済を続けるだけでは完済までにかなりの時間を要することになります。

利用金額にもよりますが、1年〜5年という歳月を必要とする返済計画となり、長くなればなるほどより多くの金利を払わなければならないことはもちろん、その間返済のために窮屈な経済状況を維持しなければならないわけです。

かといってまとまったお金を用意して一気に完済というのはなかなか出来る事ではありません。そういう場合は毎月ほんの少しでいいですから無理をして最低返済額+3000円でも余分に返済するようにしてみて下さい。

もちろん余裕のある月はもっと多く入れるようにするとより良いですね。

最低返済額にプラスして返済する金額はダイレクトに元本返済に充てられます。そのため、長い目でみると返済期間が短縮されることはもちろん金利の節約にもなります。

カードローンの利用では、お金がピンチの状況を乗り切れるという事以上に、返済計画をしっかりしておくことが重要なポイントとなります。

ピンチを乗り切ったら次は借金の無い生活に早く戻るのがカードローンとの良い付き合い方と言えます。