お金を借りるその前に
Before borrowing money Before that
キャッシング

キャッシングで必要な書類と審査時に聞かれる項目

キャッシングを行うためのカードローンの申し込みは非常に間口の広いものになっており、安定した収入があればアルバイトやパートの方でも借入が可能なものが非常に増えてきています。

その利用が身近なものになっているカードローンではありますが、その申し込みとなるとやはり誰もが少々緊張するものです。

お金を借りるという契約だけにある程度は仕方の無いことですが、可能な限り事前にその内容を把握しておきたいものです。

ここではカードローンの申し込みに必要な書類や契約中に行われる応答などについてお話したいと思います。

必要書類

カードローンに初めて申し込むかたに必要なものは多くありません。大半のケースでは基本的には本人確認書類さえあれば申し込みが可能です。

また、本人確認書類には以下のような物があります。

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • 保険証
  • 住民基本台帳カード
  • パスポート
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 公的証明書類(住所・氏名・生年月日の表記があり、顔写真のあるもの)
  • 個人番号カード

上記のうちひとつが用意できれば本人確認書類の準備はOKです。

提出といってもインターネットで申し込みが可能となっている現代ではカメラで撮影した画像を転送するという形で提出となりますので、郵送などの手間が必要ないところがほとんどです。

※書類表記の現住所が現在のものと違う場合は住民票や印鑑証明、公共料金の領収書(各原本)の添付で対応するケースが多くなっています。

限度額によって収入証明が必要

確認書類の種類は豊富

収入証明不要と謳われている業者であっても利用限度額によっては本人確認書類の他に収入証明を求められることになります。

多くは1社から50万円を超える限度額を利用する場合。そして複数社あわせて100万円を超える限度額を利用する場合において収入証明の提出が求められます。

また、収入証明として認められるものは以下のような物があります。

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書(直近複数月分)
  • 住民税決定通知書、納税通知書
  • 確定申告書
  • 青色申告決算書
  • 収支内訳書
  • 支払調書
  • 所得証明書
  • 年金証書、年金通知書

参考:金融庁による貸金業法のQ&A

申し込みの際に50万円を超えない場合は必要ありませんが、利用中に増額などで50万円を超える場合や他社の申し込みにより提出を求められることもあります。

申し込み書の記載内容など

収入を証明する必要書類

カードローンの申し込み書は様式は違えど大半の業者で内容はほぼ同じようなものです。代表的な項目としては以下のような物があります。

  • 氏名・住所・電話番号・性別・生年月日などの基本項目
  • 居住年数・借家・持ち家など住居に関する項目
  • 配偶者の有無、子供の有無など家族について
  • 税込年収
  • 他社借入の有無とその金額
  • 勤務先名・住所・電話番号・業種・職種・勤続年数など勤務先項目

代表的なものを列挙してみました。

この他に同居人の氏名や資金使途などについて記入する項目がある場合もあります。

電話による応答

キャッシング電話でのヒアリング項目

申し込み書の内容にそってより詳しい情報が求めら得る場合に電話による応答が必要となる場合があります。(自動契約機においてはインターホンによる応答を行います)

また、明確にはされていませんが記載された電話番号が本人のものかどうかを確認する意味で電話を利用するケースもあるように思われます。

電話による応答ではコレといって決まった質問はないのですが、ケースとして多く聞かれるものなどは以下のような物があります。

  • 本人確認のためにフルネームと生年月日
  • 利用目的について
  • 希望額について
  • 他社の借入状況など
  • 会社の役職名や所属
  • 雇用形態
  • 会社に在籍確認の電話を入れる際の打ち合わせ

本人確認についてはほぼ確実に行われますがそれ以外については申し込み内容によって聞かれる場合があります。

いずれの質問に関しても簡単に返答すればいいので、あまり細かい事を説明する必要はありません。

より詳細に教えて欲しいと言われた時だけ補足するように詳細を伝えるようにしましょう。逆に言うと聞かれていない事は言わない方が良いです。

特に利用目的については質問されるケースが多い傾向がありますが、商品購入や生活費などでOKです。より細かく聞かれたらその旨を伝えれば大丈夫です。

逆にNGなのは他社ローンの借り換え目的や事業性資金、ギャンブル資金や他人の借金返済用など、このような理由では貸し出しを行っていませんので否決されてしまいます。

ウソは御法度

お金の貸し借りに関する契約は非常に重要なものです。気軽に申し込みができる時代ではありますが、少しでもよく見せようと収入を水増ししたり、身バレを恐れてウソの名前や住所で申し込もうとしたり
(確認書類が必要なのですでにNGですが)するのは絶対にやめましょう。

ささいなウソは利用を続けるうちに大きな損失を招くことになりかねません。また、ウソがバレた際には一気に信用の無い人という格付けをされますので、契約中であってもカードの利用を停止されたり、強制退会させられるといった可能性もあります。

申し込みに関して業者に伝える情報はすべて正確でなくてはなりません。