お金を借りるその前に
Before borrowing money Before that
借金返済

リボルビング払いのメリットとデメリットについて考える

最近ではクレジットカードの利用者も多くなり、リボルビング払い、通称リボ払いについてご存知の方もすでに利用している方も多いかと思われます。

一見便利なリボ払いですが利用者にとって良い事ばかりなのでしょうか。ここではリボルビング返済のメリットとデメリットについてお話してみたいと思います。

リボルビング払いとは

リボルビング払いはクレジットカードでショッピングやキャッシングで利用したお金の返済方法の一つで、この他に一括払い、分割払い(回数指定)があります。

翌月に一括で返済する一括払いや、返済回数を自分で決めてその回数で完済する分割払いは、返済回数を基準に返済額が決定されるのに対し、リボルビング払いは返済金額を固定して、返済回数を変動させるというものです。

10万借りた場合 ⇒ 毎月5,000円ずつ返済

30万借りた場合 ⇒ 毎月10,000円ずつ返済

という形で返済時の負担が減ります。

リボルビング払いの金額はカード会社によって異なりますが最低金額が3000円程度から設定出来る所もあり、5000円、1万円など、自分で決めた金額にする事もできます。

ただし、利用額が高額になった場合には最低額というものをカード会社が設定しており、これより低い金額にすることはできなくなっています。

また、リボ払いについてはリボ用の手数料が設定されており、年利で15%〜18%が設定されているところが多いようです。

リボ払いのメリット

リボルビング払いのメリットはなんといっても毎月の負担が軽いということ。

高額商品の購入やまとまた金額のキャッシングを行っても、毎月一定のペースで返済が続けられるので収入と返済のバランスは常に一定を保つ事が出来ます。

また、リボ払いの使えるカードの大半では繰り上げ返済にも対応しており、ボーナス月や臨時収入があった場合にはまとめて返済することも可能です。

これを上手く利用すればボーナスが入ってくるまでは最低限の負担で返済しておき、ボーナス月でまとめて完済してしまうというような計画も簡単に立てられます。

リボ払いのデメリット

リボ払いの一番のデメリットは手数料です。一括払いや分割払いのソレと比べると高めに設定されており、カード会社によっては上限金利である18%に至ることもあります。

次にあげられるのは返済額が一定であるため、連続で利用するとどんどん負債が大きくなっていくということです。

気軽に利用出来る上に毎月の請求額に変動が無い為に使いすぎている事に気づきにくく、場合によっては使いすぎたために毎月の最低額がアップし、負担が大きくなっていくことになります。

なかなか減らない返済額

最初は数万円の利用だったものが気が付けば数十万になっていたとなると、呑気に少しずつ返済していたのでは高い手数料とあいまって返済期間はどんどん延びていくことになります。

キャッシングとショッピングの限度額に注意

カード会社の一部ではショッピング枠+キャッシング枠=限度額としている所もあり、例えば2つ併せて20万円の枠が設定されている時にショッピングで5万円、キャッシングで10万円利用している分には、キャッシングにもショッピングにも使える枠が5万円分残っています。

クレジットカードのキャッシング枠との併用

注意が必要なのはクレジットカードを使って公共料金や毎月なにかしらのサービス料金などを支払っている方。

先ほどの例では毎月の支払い額が5万円以内の場合は決済されますが、残り枠が少ない状態でキャッシングを使いすぎてしまったためにショッピング枠も同時に無くなってしまい、公共料金などの決済が出来ないという状況を招いてしまいます。

リボルビング払いにしていた場合は一定金額しか充当されないため、今月は公共料金の決済が出来ても来月は出来ないかもしれないという危険性を含んでいます。

メリットとデメリットを総合してリボ払いってトクなの?

リボルビング払いのメリットとデメリットについてお話してきましたが、総じてリボ払いはトクなのかという点においては、賢く使えばトクと言えるでしょう。

リボルビング払いを賢く使う秘訣はなんといっても繰り上げ返済をする事です。この事を前提としない場合は必然的に長期の付き合いになります。

そういう背景から手数料をより多く取れるリボ払いをカード会社は勧めているわけです。

リボ払いは利用すると良く分かりますが、毎月の負担が軽いのは良い物の、残債がなかなか減りません。

そのため、ある程度まとまった金額で利用しているといざと言う時に利用可能な枠が少なく、利用できないという局面に遭遇することになります。

気軽に利用できるようにリボに設定しておく事は悪いことではありませんが、賢い使い方は繰り上げ返済でなるべく早く完済しておき、次の利用に備えておくことです。

はやり早めに多くの返済をしておいた方が長期的に見ると損はしないです。リボルビングにて長期返済を行うとやはり利息の金額に大きな差が生まれます。
⇒ 一括返済と長期返済との利息の違い