お金を借りるその前に
Before borrowing money Before that
主婦、レディースローン

レディースローン【専業主婦】の審査や内緒にできるのか?

専業主婦にも使えるレディースローンの選び方

女性専用カードローンとして各社が用意しているレディースローン。女性なら誰でも…と思いきや、2010年の貸金業法の改正から専業主婦の方については一部の業者では申し込みができなくなってしまいました。

ここではどういう理由で専業主婦の申し込みに制限があるのか、またどういった点に注意してレディースローンを選べばいいのかなどについてお話してみたいと思います。

専業主婦と総量規制

専業主婦の方もカードローン選びで理解しておかなければならないのが総量規制という法律のお話です。

とはいえ、この規制の隅々まで理解する必要はなく要点だけお話しますのでご安心下さい。

総量規制により主婦の借り入れが厳しい

総量規制は借りすぎ等の理由で借金に苦しむ人や、自己破産に至るケースを防止するために作られたもので、比較的簡単な手続きで利用できる消費者金融や信販会社のキャッシングの貸付に制限を付けるというものです。

制限内容は「年収の1/3までの貸付」とされており、利用者の収入に対して一定の割合までしか借金ができないような仕組みになったわけです。

借金に苦しむ人を増やさないために作られたこの規制ですが、専業主婦の方には非常にやっかいな規制で、専業主婦の方は旦那様の収入で生計を立てている都合上、ご自身の収入は事実上0ということになります。

そのため、年収の1/3までとされた総量規制のかかった消費者金融や信販では年収が無いので借入をすることができなくなりました。

専業主婦/主夫は、総量規制の例外として、配偶者と合算して、(二人分の)借入れが(二人分の)年収の3分の1まで借入れを行うことができます。ただし、そのためには、配偶者の「同意書」、配偶者との婚姻関係を示す書類(住民票又は戸籍抄本。事実上の婚姻関係の場合、住民票(続柄に、「夫(未届)」、「妻(未届)」など、未届の配偶者である旨の記載があるもの))、(一定金額以上の場合)配偶者の年収を証明する書類を提出する必要があります。

日本貸金業協会から参照:http://www.j-fsa.or.jp/personal/faq/index.php#5

また、そのような理由から違法な業者からお金を借りる専業主婦の方もいらっしゃるようで、逆によからぬ事例を生み出す事にもなっているのも事実です。

では、専業主婦の方はどうやってもお金を借りる事はできないのかというとそうではありません、総量規制の存在を認識した上で、総量規制の対象外である所に申し込めば良いというわけです。

総量規制の対象外となる借入先

消費者金融や信販会社では門前払いを喰らってしまいますが、専業主婦の方でもOKとしているのはズバリ銀行です。

主婦には銀行の借り入れが強い

銀行でお金を借りるというと住宅ローンやマイカーローンなど、大口の借入を担保や保証人を付けてするものだと思われがちですが、銀行では気軽にキャッシングが利用できるフリーローン(カードローン)を取り扱っています。

銀行の取り扱うフリーローンは収入の無い専業主婦の方でも申し込みOKで、旦那様に安定した収入があれば申し込み可能となっています。

申し込みには本人確認書類があれば大丈夫ですので、免許証や健康保険証、パスポートなどがあればOKです。

注意点としては一部銀行のカードローンでは「当行の口座をお持ちの方」というのが条件になっている場合があり、口座を持っていない場合は口座を作ってからの申し込みとなります。

また、口座を作った後に送られてくるキャッシュカードがローンカードの役割も兼ねている所もあり、発行まで1週間〜2週間を要する所もありますので、このような場合は余裕(時間的に)をもって申し込むようにしましょう。

他に注意点としては専業主婦の方の申し込みについて利用可能とされる限度額はおおよそ30万円から50万円あたりが上限になっているところが多く、これ以上の借入については難しいものと考えられた方が良いでしょう。

旦那様にバレずに借入可能!?

旦那にばれずにお金を借りれるか?

旦那様に安定した収入があれば申し込み可能とありますが、旦那様にバレずに借入ができるのかというと、ほぼほぼ出来ると言って良い状況です。

基本的に旦那様の同意は必要なく、申し込みに際して旦那様になにかしてもらうことはありません。

ただし、旦那様が申し込み書に書かれた勤務先に在籍しているかどうか確認するための電話が入ることが通例となっています。

これは銀行であることは明かさず、個人名で電話を掛け、本人が出る必要はなく、在籍していることが分かればいいというものです。

在籍確認の電話の仕方については前もってお願いしておけば、オペレーターの方が色々と工夫をしてカードローン申し込みの在籍確認電話と分からないようにしてくれますので、その点は気軽に相談しましょう。

こういった相談はかなり多いようです。

その他、旦那様にバレる要素があるとすれば、振込融資の場合は銀行口座にまとまったお金が振り込まれますのでコレを見られないようにするということ。

また契約が完了すると契約書の控えなどが郵送されてきますので郵便物を旦那様に見られないようにすること。

銀行によっては毎月取引明細が送付されることもありますので、そちらも注意です。(送られない所もありますので申し込みの際に確認するといいでしょう)

あとは当然ですが、ローン用のカードを持っている事を見つからないように。

申し込みはネットでOK

専業主婦の方は銀行に足を運ぶのもなかなか難しい環境にいらっしゃる方もいるでしょう。しかし、現代ではインターネットでカードローンの申し込みが出来るようになっているので自宅に居ながら申し込みが可能となっています。

インターネット経由での申し込みはパソコンはもちろん、スマートフォンからも行えますので手軽に行えるようになっています。

またレディースローン(女性専用プラン)に申し込む際には対応する担当者は女性のみとなっていますので、電話により応答が必要な場面でもリラックスして対応することができるでしょう。

お金を借りる契約というのは女性のかたにはなかなか不慣れな作業だと思いますが、レディースローンでは女性オペレーターが非常に丁寧に案内しますので、既に申し込んだ女性からも非常に好評の声が聞かれます。